海南島
2017年12月28日
海口〜ベトナム/海口〜フィリピン クルーズ航路開通
24日午後、上海のダイヤモンドクルーズが運航するクルーズ船「輝煌号(Glory Sea)」の海口〜ベトナム航路出航式典が海口市秀英港にて行われた。輝煌号は700名余りの観光客を乗せ、12月25日午後、ベトナムのハロン湾に向けて初就航の船旅をスタートした。海口〜フィリピン航路も来年1月21日に開通する予定だ。
輝煌号は2002年の製造だが2016年に改装。排水量45,000トン、乗客定員1,300名のクルーズ船で、海口市秀英港を母港とする。ベトナムのハロン湾・ダナンへの航路とフィリピンのマニラ・ラオアグへの航路が開通する予定で、2泊3日の旅・3泊4日の旅・5泊6日の旅がある。海南港航ホールディングス株式会社が運営販売する。
海南省旅遊発展委員会の周安偉氏によると、海南省はクルーズ観光産業の発展を重視し、今後も上海・アモイ・香港・ベトナム・シンガポールなどへ向けてクルーズ船航路を開通する予定だという。また、南シナ海を巡る航路・海南島を巡る航路・三沙市に至る航路も整備し、さらにユニバーサルクルーズ社のクルーズ船の海南島寄港も誘致したい考えだ。

詳しくはこちら:
Hainan Tourism Website designed by 大象群 2017.12.25(中文)
阳光海南网 2017.12.25(中文)

HOME